スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント 全-件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全-件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/65-b157a538

iPad用のコピーは著作権侵害?

米アップルの携帯情報端末「iPad(アイパッド)」が人気を集め、売れ行きも順調な中、書籍を安く電子化し、iPadなどで読めるようにする業者が現れています。

個人が私的にコピーする以外の複製は、著作権法で原則禁止になっています。

日本文芸家協会は、著作者が出版社に委託した複製権の侵害にあたるとして業者への抗議を検討とのこと。
東京のある業者は4月、本を裁断して1ページごとにスキャナーで読み取り、PDFと呼ばれる電子文書形式に変換するサービスを始めています。

本の送料は自己負担になるものの、1冊分のデータを100円でホームページからダウンロードできるサービスが評判を呼び、注文が殺到。
スキャナーの台数などを増やしたが、注文から納品まで3か月待ちという状態です。

業者サイドは「個人が複製するのは合法。個人の依頼を受けて代行しているだけで、著作権法違反ではない」と主張。
都内の別の業者も5月末に営業を始め、2日間で200人以上の申し込みがあったといいます。

一方、日本文芸家協会の三田誠広・副理事長は「営利目的の業者が利益を得るのは、たとえ私的複製でも複製権の侵害」と主張しています。

法的な判断として「私的複製は個人が自ら行うのが原則。代行は基本的に認められず、私的複製と言うのは難しい」と話す弁護士もおり、今後の対応に関しての議論が白熱しそうな情勢です。

コメント 全0件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全0件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/65-b157a538

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。