スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント 全-件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全-件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/40-61f8f833

テコンドーロボ「テコンV」

テコンV」は、韓国初の本格ロボットアニメにして、1976年に公開されると同時に大ヒットを記録した長編アニメ映画。
韓国ではその名を知らない者はいないといわれるほどの国民的な人気を誇る作品で、映画がシリーズ化されたのはもちろん、近年は政府広報にまで登場し、3DCGによるリメイク企画も進行中という「伝説の作品」と言われています。

映画「テコンV」のストーリーは、世界大会で優勝するほどの実力を持つテコンドーの使い手、フンが亡き父の遺志を継いで巨大ロボット、テコンVのパイロットになるところから始まります。
テコンドーを駆使して戦うという韓流な設定、リアリティーにこだわった格闘アクションは韓国のオリジナルとなっています。
人間のコンプレックスが生み出す悲劇、感情に目覚めたロボットの葛藤などの、いわゆる「勘どころ」をつかんでおり、観客の心もわしづかみすることは確実だという一部評価がされています。

いわくありげな美少女アンドロイド、立ちふさがる悪のロボット軍団、そして世界征服をたくらむ謎の組織「アカ帝国」などの強敵を相手に、副操縦士でガールフレンド、ヨンヒの助けを借りながら戦うといった設定のようですね。
写真を見たのですが、主役メカのデザインが「マジンガーZ」のように見えなくもないです。

この「テコンV」、デジタルリマスター版として日本で公開されるようです。

映画『テコンV』は8月7日よりシアターN渋谷ほか全国順次公開とのことです。

コメント 全0件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全0件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/40-61f8f833

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。