スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント 全-件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全-件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/3-98d8df28

ブラック企業世にはばかる

表題のタイトルの本が、光文社新書より発売されています。
「ブラック企業」とは、「2ch」や「みんなの就職活動日記」などに頻出する言葉で、過酷な労働条件を課す企業や、長年勤めても給与が上がらず、たいしたスキルも身に付かない企業などを指します。

本書では、新卒社員使い捨ての「肉食型ブラック企業」や、スキルが身に付かず成長の機会がない「草食型ブラック企業」などを挙げ、その問題点を指摘しています。ネーミング的にはなんか軽薄ですが、中身はしっかりしてました。

また、日本企業に根強く残る「新卒主義」に対して鋭い切り口からの分析・考察も行われており、脱落者が再チャレンジできる仕組みに関しての方策が論じられています。

特に、共感できたのは、「就職活動という一度きりの機会だけでその後の人生が決まってしまう今の仕組みはどうなのか?」という部分ですね。

転職者が増えてきたとはいえ、まだまだ日本社会では「転職するのは何かワケありの人間だ」とか、「一度就職した会社には一生勤めて当たり前」とかいう価値観が根強く残ります。
幸いにして、ホワイト企業(勝ち組企業)に入社した人であれば、会社がつぶれさえしなければその後の人生も順風満帆でしょう。
けれど、いわゆるブラック企業に就職してしまった場合、その後の人生巻き返しが、大変困難になります。

ここらへんは、社会的に少し調整が必要な気もしますね。

コメント 全0件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全0件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/3-98d8df28

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。