スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント 全-件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全-件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/16-1a1486ac

ひこにゃんの街、滋賀から新しいPR。「カロム」

滋賀県は「ひこにゃん」だけではなかったようです。

最近、「カロム」というゲームが滋賀県を発信地として話題になっています。

まだまだ知名度の高くないカロムですが、地元にあたる京都新聞や中日新聞などで紹介された以外にも、2001年には「めざましテレビ」で紹介されたようです。

カロムとは、「ビリヤード」と「おはじき」を融合させたようなゲームで、滋賀県彦根市の「日本カロム協会」は28日から3日間、千葉市の幕張メッセで開催される観光イベント「日本観光博覧祭旅フェア2010」で体験ブースを開設するようです。過去にも彦根市内で600人規模の大会を開催するなどの活動はしていましたが、今回が初めての県外PRになるとのことです。

このカロム、起源は12~13世紀エジプトの「カエラム」というゲームのようです。
カエラムは、その後各地に広まり、明治初期に宣教師が持ち込んだことから日本にも広まったとされています。
ただ、現在このゲームが普及しているのは、滋賀県の琵琶湖東岸地域だけと言われています。
日本カロム協会はこのチャンスを機会に、「全国に広がってほしい」と望んでいるようです。


カロムの詳細ルール(4人の場合)は以下の通りです。

2人ずつペアになる。
四角い盤の上に並んだ偏平な円筒形の玉(パック)を特定のエリアからパックと同形の自身の玉(ストライカー)を手の指で弾く。
ストライカーと同じ色のパックに当て、四隅のコーナーにある穴(ポケット)にパックを入れる。
最後にジャック(ビリヤードで言うナイン)を入れると勝利。

コメント 全0件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全0件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/16-1a1486ac

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。