スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント 全-件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全-件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/144-f9ee17b3

日本たばこ産業<2914.T>の志水雅一副社長は5日、2011年度税制改正におけるたばこ税増税について「(10月1日から実施された増税による)総需要の減少は甚大だ。それがどの程度になるか、今後の販売動向・需要動向を見定めない中で来年度も増税をするのは断固反対」と述べた。

民主党の財務金融部門会議終了後、記者団に対して述べた。

厚生労働省は、引き上げ幅こそ示していないものの「国民の健康の観点から、たばこの消費を抑制するため、たばこ税の税率の引き上げを要望する」と、11年度税制改正においても2年連続の増税を要望している。

10月1日の値上げを控え、マイナスが続いていた販売数量は8月に前年同月比1.1%増と駆け込み需要が始まり、8―9月合計で約1カ月分の需要上乗せがあったという。1箱20円の増税をした際の駆け込み需要は0.6カ月分だったが、今回は1箱110―140円の大幅値上げとなっており、駆け込み需要による増加も従来と比べて大きくなった。志水副社長は「その反動減もかなり大きなものになる。これを見極めるには、それなりの時間がかかる」とし、通常の需要と判断できるようになるには、3カ月以上かかるとの見通しを示した。 

仮に増税となった場合には「到底飲み込めるものではない」として、値上げで対応することになるとの考えを示し、デフレ環境下での連続値上げは、消費者への負担が非常に重くなると指摘した。
(ロイター通信より)


この時期に「さらなる増税」のニュースを流してしまうと、波紋を呼びそうな気もします。

コメント 全0件

コメントの投稿

新規投稿

投稿した内容を管理者にだけ表示を許可する

トラックバック 全0件

トラックバックURI
http://yuki1211.blog44.fc2.com/tb.php/144-f9ee17b3

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。